FC2ブログ
スキマスイッチのファンです。最近は、星野源ちゃんにハマッてます。音楽を聞くこと、 ライブに行くことも大好きなmiyuのブログです。 よろしく<(_ _)>
泣いた・・。
2007年10月31日 (水) | 編集 |
平日には、かなり珍しく、映画を見てきた。

「象の背中」


特別、見たかった映画ではなかったのだけれど、
姉からもらった、招待券が本日までだったもので、
仕事帰りがてら、時間的に都合のよいのが
この映画だった。


泣いた・・・。

予想通り、涙を堪えることはできなかった。
これは、特に、子供を持つお父さん、お母さんがみたら、
もっとグッときてしまうだろうって思う。

私は、作品がイイかどうかってのはよくわからなかったけど、
自分の父のことが頭に過ぎってますます、
ますます、涙がこらえられなくなった。

余命半年を宣告されて、自分なりの生き方を全うする、
役所広司演じる(藤山幸弘)が、家族、同僚、愛人・・・。
この身近な大切な人たちに、
泣き言をひと言もいわずにいた彼が、

たった一人、実の兄にだけは、
「やっぱり怖い、死ぬのが怖いんだ」と
初めて、顔を涙にぐしゃぐしゃにし、
素直な気持ちを訴えるのところが一番泣けた。。

うまいくかけないけれど、

「死」について
考えることができた・・。
これはすごくよかったと思う。


「象は、死期を感じると群れからはずれ、
死に場所を探しに行く・・。」

このフレーズがとてもなにか突き刺さるものを
感じてなりませんでした。


私の中で、よく思うことがあって・・。

いつ何が起こるか分からない・・。
明日の事なんて誰も分からない・・。
現実、今置かれている状況や環境、金銭問題、
によって、障害はあると思うけど、
できるかぎり、やりたいことは、諦めずにやるべきだ!!
とすごく思っています。

なんだか、うまく書けないや・・・。
ダメだわ・・
少しは伝わったかなぁ・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック